【最速脱毛】ケノンの一番効果的でおすすめの使用方法を徹底解説!

ケノン

 

ケノンの公式サイトには、

「毛を剃って保冷剤で冷やし2週間に一回打つだけ」

とありますが、ケノンの効果をどうやったら一番出せるでしょうか。

 

私がケノンを買ったばかりの頃口コミやネット上には、

「ケノンは効果はあるけど2から3年かけて使うもの」や

「脱毛サロンや医療脱毛と比べたら効果がでない」という

情報が多くありました。

 

効果を早く出したいとケノンを購入した人のほとんどが

思うに違いありません。

 

照射するのはどの頻度で使用するタイミングはお風呂の前なのか後なのか、

どのような日に照射するのがよいのか、など

これから書かれている全部の条件が当てはまれば

ケノンをだれよりも効果的に使えるでしょう。

 

自分が使用した時に効果がすぐに出たので自分の経験からも

ケノンの効果の出し方や安全に大きい効果を得る方法がわかりました。

 

ケノンを持っている方にはぜひ読んでいただきたいです。

 

 

ケノンの効果的使い方は?

 

 

ケノンを効果的に使うための基本

ケノンは家庭用脱毛器なので脱毛サロンや医療脱毛の

高出力の機械と比べて光が弱めに設定されています。

ですのでケノンを使用するときは自分の肌の様子や痛みをみて

その中での最大出力のレベルで脱毛することで短期間で効果が出ます。

 

痛みや肌のダメージは照射の前に保冷剤で肌を冷やすことで軽減します。

冷やす時間を調節して痛みが少なくしていきましょう。

 

それに加え、人間の体毛は見えている毛がすべてではありません。

毛の生えてくる周期というものがあり

成長期、退行期、休止期の3種類で毛が生え変わります。

毛の周期に合わせて一定の期間ごとに継続して照射し続ける必要があります。

 

毛の周期は部位ごとに違いがあり、

 

   部位  成長期の長さ  退行期・休止期の長さ 表面に出ている毛の割合
   脇 3~5カ月 3~5カ月 30%
   腕・足 4~5カ月 4~5カ月 20%
   Vライン 1~2年 1~1年半 30%

 

となっているので一度ではすべての毛の脱毛効果は期待できません。

 

最初は効果が出なくても続けることで必ず成果が出てきます。

毛の周期はありますが、

毛の周期より早く効果はすぐに実感できると思います。

 

照射には、種類があり連射などがありますが、

6連射などではその強さになるよう6回に分けて弱い光がでます。

単発が一番強い光が出るので早く一回の照射を済ませることができます。

痛みに耐えられないけど強いレベルで照射したい人に連射が有効です。

 

 

ケノン使用前の体の状態

次にケノンを使用する日の体の状態の注意点です。

 

ケノンを使用する時、日焼けをあまりしていないほうがいいです。

日焼けは軽いやけどのようなものなので

日焼けしている皮膚に照射すると肌トラブルが起こりやすいです。

そして、黒い部分に反応するので日に焼けて

黒くなっていると効果が減少して痛みも強くなります。

 

脱毛サロンなどでは薬の服用も避けるようにいわれているので

同じ光脱毛であるケノンを使用する日に

薬を飲むこともできる限りしないほうがいいでしょう。

 

ケノンの光は黒い部分に反応していて

ケノンから照射される光の波長は黒い色素(メラニン色素)

に吸収される性質があるので照射前に毛を深剃りしたり

脱毛クリームを使わないようにしましょう。

 

照射前に脱毛クリームで毛を溶かしてしまうと効果がなくなるので

必ず脱毛クリームでなくシェービングをしましょう。

 

 

ケノンを使用するタイミング、頻度

これからは、ケノンを使用するタイミング、頻度です。

 

ケノンを使うタイミング

みなさん毛を剃るときに一緒に風呂に入ることがあるでしょう

風呂に入ったら体内に熱がこもり体温が上がるので

日焼け同様痛みが増え効果が減るだけでなく

やけどのような状態になることもあります。

 

それに加えて、水分が体についてると効果が薄れるので

風呂に入ってからは体の水分をよくふき取って

少し時間をおいてからケノンを使用しましょう。

 

ケノンを使う頻度

照射の頻度は2週間に1回で十分ですが

体のでこぼこしている部分(関節など)は照射の際に

光が漏れやすいので重ねて照射することでバランスよく脱毛することができます。

 

照射した3日後にもう1回照射することで効果が倍増するようで

頻度が高いほうが打ち漏らしや照射不足もなくなり

毛の周期が一周期でほとんど脱毛し終わることもあります。

 

時間がなくて頻度を上げられない方は重ね打ちがいいです。

重ね打ちすることで照射レベル10以上の効果が見込めます。

毛が濃いところは特に効果があります。

 

照射のし過ぎや重ね打ちは肌にダメージがあるので

ほどほどにするのがいいですが時間があって肌が強い方は

照射頻度を上げて重ね打ちしていくのも短期間で効果が出るコツです。

 

脱毛サロンや医療脱毛では照射頻度を上げることや重ね打ちは難しいですが

家庭用脱毛器だからこそできる優れたところです。

 

 

ケノンを使う前のほくろ、しみの対処方法

「ケノン前の体の状態」でもあるようにケノンは黒い部分に反応して

光が照射されるのでほくろやしみがある場合

そのほくろやしみのある部分に光が吸収されてしまいます。

 

ほくろやしみがあるときは、照射をする前に白シールを張るまたは

ばんそうこうを張ることで照射の光がすべて毛に集まります。

 

しみ程度ならそのまま照射しても大丈夫かもしれませんし

私は、いちいち張るのが面倒なのでほくろやしみはそのまま

照射していますが気になることはありません。

 

 

まとめ

 

今回のケノンの効率的に使う方法をまとめると

 

  • できる限りの最大出力で単発
  • 日焼けをさける(できれば薬も)
  • シェービングをする、しすぎない(脱毛クリームを使わない)
  • 照射の頻度を高くする(2週間+3日で2回が理想)
  • 重ね打ちをする
  • 風呂の後はすぐには打たない
  • ほくろなどの黒い部分を隠す

となります。

 

これらのことを気にしてケノンを使っていけば

今まで以上に効果が出ること間違いなしです。

 

最初は照射するのに時間がかかったり続けて打つことが

面倒になったりしますが続けていくことで自然とムダ毛がなくなり

ケノンの効果をすぐに実感できるでしょう。

 

そして理想的な脱毛もできるます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました