家庭用脱毛器ケノンで背中はどうするべきか1人でできるの?使用法

ケノン

 

家庭用脱毛器ケノンは日本で一番売れている家庭用脱毛器で

コストが低く安く脱毛ができたり

家で手軽に脱毛ができたり

 

カートリッジ交換だけでいろいろな機能の効果があるので人気があります。

ケノンを購入することで一台で全身の脱毛をすることができます。

 

しかし、照射が難しい体の部位はどうやって照射すればよいのか

 

背中は、普段は自分では見ることができないと思いますが

温泉やプール、海自分は気づいていなくても

他の人からは見られることがあります。

だからこそムダ毛や濃い毛が背中に生えている人は気になる部分だと思います。

 

特に背中は自分では、腕や足などの目で確認できる部分と違い

目で確認しながら照射できないのでとても難しいです。

 

そこで、ケノンで背中を脱毛する方法と照射が難しい場合は

脱毛サロンに行く必要があるので脱毛サロンについてもお伝えします。

 

ひとりでケノンで背中脱毛する方法

 

必要なもの

 

まず、用意するのは

 

  • できればケノンのエクストララージカートリッジ
  • 置き鏡と手鏡を1つずつ
  • ボディークリーム
  • 背中用シェーバー

 

まず背中を剃る

 

最初に、背中の毛を剃る必要があります。

 

背中は見えずらいので普通のカミソリでは

危険なので専用のシェーバーで剃るほうが安全に剃ることができます。

脱毛クリームを使用すると毛が解けてしまい照射しても

光が毛根に届かず効果が少ないのでシェーバーで剃ってください。

 

細かい毛は照射時に光で燃えてなくなるので少しくらい残っていても大丈夫です。

 

 

次に背中に照射

背中の毛を剃り終えたら照射になります。

 

背中は照射面積が大きく照射に時間がかかるので

エクストララージカードリッジが疲れにくくはやく照射できます。

 

ケノンは自動照射機能があるので設定から自動照射に切り替えます

自動照射では、一定時間たてば自動的に照射されるのでボタンを押さなくても照射できます。

 

痛みや肌に異常がなければ照射レベルは少しでも高く効果を高めましょう。

2つの鏡を合わせ鏡のようにして照射したいところが見えるよう角度を調節します。

左側を照射するときは右手右側を照射するときは左手でケノンをもって照射していきます。

上から下か下から上にスライドしながら隙間ができないように照射していきます。

 

照射後はボディークリームなどで保湿しておきましょう。

 

注意点

やはりひとりで背中の脱毛は照射もれや柔軟性がないとできないので

できる人とできない人は人それぞれで2人でするのが安全できれいに脱毛できます。

 

照射漏れがあっても確認しずらいので

自分で写真や動画を撮って確認してみましょう。

 

ひとりで上手にできず一緒に手伝ってくれる人がいない人は

背中だけ脱毛サロンや医療脱毛に行ってみましょう。

 

脱毛サロンや医療脱毛の背中脱毛は

 

もし背中だけ脱毛サロンや医療脱毛に行ったらどうでしょうか。

 

クリニックやサロンでの背中脱毛の期間は、

サロンで2年クリニックで1年程度のようです。

値段は

  • リゼクリニックでは、5回 79,800円 (1回あたり 15,960円)
  • 湘南美容外科クリニックでは、6回  81,000円 (1回あたり 13,500円)
  • TBCでは、6回パックプラン:¥114,000(税別)
  • リンクスでは、8回保証プラン:6300円

となっており脱毛サロンの方が値段が安い傾向があります

がクリニックの医療脱毛のほうが照射のパワーが強いので少ない回数で脱毛が完了します。

 

 

背中としての照射場所や背中を上半分と下半分で分けている

店舗もあるので注意して選ぶ必要があります。

 

まとめ

個人的にはケノンの背中脱毛は2人でするのがよいと思います。

ひとりの場合は気を付けて行うか、背中だけ脱毛サロンや医療脱毛にいくのが一番いいと思います。

 

背中は自分では見えないですが他人にはみられることもあるので

特に女性はいちいち処理するより脱毛してしまうのがよいかもしれません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました